So-net無料ブログ作成
映画 邦画 おすすめ ブログトップ
前の10件 | 次の10件

SIREN 映画 無料 [映画 邦画 おすすめ]

「SIREN」という邦画のホラー映画が大好きです。

原作はヒットしたゲーム。隠れながら敵を倒すゲームで、面白いのになかなかうまくできず…雰囲気が好きだったので、映画化されて嬉しく思ったものでした。

映画のストーリーも不気味で、謎が多く、とても良かったんです。ラスト近くの塔に上るシーンは、見ていてどきどきしました。

日本のホラーってやっぱり怖いなあと改めて思います。かなり好みの雰囲気と、ストーリーでした。機会がなくて、まだ一度しか見ていないのですが、とても印象に残っています。そのうち時間を見つけて、またじっくりと見返してみたいな、と思っている映画のひとつです。ホラーを見るなら、やっぱり邦画が一番ですね。
タグ:映画 無料 SIREN
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

きょうのできごと 映画 動画 [映画 邦画 おすすめ]

好きな映画はたくさんありますが、邦画の中で「きょうのできごと」が好きです。行定勲監督作品で、京都を舞台に同じ一日を生きている若者たちの目線で同じ時間に何が起きいているかを淡々とえがいた映画です。

ストーリーやオチなど期待する人には少々暇な映画かもしれませんが、身近に起きているような出来事を同じ目線で見れます。

今、近くにいる人やただ通りすがった人、過去に同じクラスだった人が今現在何をしているか、また何を思っているのか、それぞれの人生があるのだと伝えてくれます。また、大学生役の田中麗奈さんの関西弁がかわいくて、何回もまねて練習したのを思い出します。

音楽も静かな心地よい音楽で、主題歌で矢井田瞳さんの「マーブル色の日」がその映画をよりよくしている気がします。何も考えずぼーっとしたい時に見たい映画です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

魔法少女リリカルなのは 映画 動画 [映画 邦画 おすすめ]

「魔法少女リリカルなのは」シリーズが好きです。

原作を映画化したことで、忙しい人でもリリカルなのはを見ることが出来ます。「魔法少女リリカルなのは1st」では主人公高町なのはとフェイト・テスタロッサの出会いとを描いた、のちに言う「PT事件」を描いたものになっています。

悲しい別れと不意の出会いは、のちの作品にも続くターニングポイントとなって行きます。名台詞「名前を呼んで」は原作第1期最終話の名前でもあり、そうしてなのはとフェイトは友達になるのです。みんながみんな幸せを求めて闘っている中で、この二人の中で育まれる友情は第3期、第4期まで続いてゆく絆となります。それゆえに、第2期の再会のシーンは涙なしには見れません。

是非、皆様も見てみてください。来年夏には新作映画も出ますのでこちらも是非。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

まどか☆マギカ 劇場版 叛逆の物語 動画 [映画 邦画 おすすめ]

衝撃の連続だったTVアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』。その続編が劇場版『魔法少女まどか☆マギカ 叛逆の物語』でした。あれほどキレイな形でアニメ版が終わったのに、この先どういう話が続くんだろうか、蛇足にならないのだろうかと、視聴前は不安でした。しかし見てみるとそれはバカげた不安でした。

『叛逆の物語』というタイトルに込められた意味は終盤になって理解できます。ほむらが何度も何度も繰り返し、まどかが魔法少女となった大切な友人の末路を見て祈り、そうして作り上げた奇跡の世界。しかしほむら自身には葛藤があったんです。

そういう経緯から新しく作り上げられた世界に感動しました。ほむらの行動には賛否あるかもしれませんがぼくは大好きです。狂おしいほどに好きです。究極の愛の形とは?そんなことを考えさせてくれる作品でもありました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

GANTZ PERFECTANSWER [映画 邦画 おすすめ]

映画GANTZ PERFECTANSWERについて。完成度は決して高くはなかったです。

でも星人との戦いはそこそこ楽しめました。ねぎ星人は、なんか可哀想でしたね。人間の方が悪いじゃんって感じでした。黒服星人との戦いはなかなか良かったです。電車内の戦いで、刀での切り合いが素晴らしかった。女の人達の動きもめっちゃ良かったです。ここだけは何回みても素晴らしいですね。

GANTZスーツは見事に再現されていて恰好良かった。黒い球体から流れるラジオ体操の曲もうまく表現されていました。それと玄野役の二宮和也さんの演技がとても良かったです。最後は全員生き返って、良かったですね。でもドラゴンボールみたく死んでも生き返るみたいな物語はどうかな?とも思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

キサラギ 映画 動画 [映画 邦画 おすすめ]

キサラギ。自殺してしまったアイドルの一周忌にファンの5人が集まって・・・ そんな出だしから始まる映画です。このような映画は初めて見たのですが、こういう感じが舞台みたいな感じなのかな?という印象を受けた作品でした。

場面は変わらないから本当に役者さんの演技で魅せる内容だと思いました。内容が自殺という暗いようなテーマなんですが個性の強いキャラや面白おかしく話が進み、場面はひとつなのに全然飽きさせることなく、とてもテンポよく進んでいく内容で最後まで飽きることなく楽しく見終われる映画でした♪邦画の中でこれぐらいどんでん返しの連続と素晴らしい演技の映画って私の中では一番何じゃないかと思う印象を当時受けた作品でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

プリキュアオールスターズ 動画 映画 [映画 邦画 おすすめ]

劇場で3回見て、DVDも購入したほどはまってしまった「映画プリキュアオールスターズみんなで歌う奇跡の魔法!」というアニメ映画。私はもう大人だしプリキュアには興味はなかったのですが娘が2歳になってプリキュアブームが来てしまったので仕方なしに映画を見に行ったのがきっかけでした。

それが娘同様引き込まれてしまい、プリキュアーがんばれー!な心境になってしまいました。ストーリーもわかりやすいしだんだん減っていくプリキュアや挫折やいろんなことを乗り越えて仲間と敵に向かっていくなんていう普通のありがちな展開です。

なのですが、それでもこの作品は引き込まれる何かがありました。ゲスト声優は歌も演技もうまいし、場面がどんどん展開していくから2時間あっという間で何回でも見たくなる映画です!

謎解きはディナーのあとで 映画 動画 [映画 邦画 おすすめ]

私の好きな映画は、『謎解きはディナーのあとで』です。

世界有数の財閥の宝生グループの一人娘だが、警視庁国立署に勤める主人公の宝生麗子と、主人公の宝生麗子に仕える執事の影山。麗子は事件解決のために、上司である風祭モータスの御曹司風祭と奮闘するが、なかなか事件の解決の糸口が見つからない。

麗子は帰宅して執事の影山に世間話として話をするが、影山に毒舌な言葉を浴びせられ麗子は影山に向かって『クビ』と宣告するが、事件が未解決な訳にいかないため、結局クビ宣告を撤回して影山の推理を元に事件を解決していく物語です。

映画では、宝生麗子が執事の影山と共に長期休暇を利用して、幼少期によく乗船していた豪華客船が引退するという事で、久しぶりに乗船するが、そこで連続殺人事件が発生します。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

僕の初恋を君に捧ぐ 動画 フル [映画 邦画 おすすめ]

私は、井上真央さん、岡田将生さん出演の映画、「僕の初恋を君に捧ぐ」という映画が好きです。病気で生きられる時間が少ない幼馴染みとの切ない恋を描いた映画です。

私はこの映画を見たとき、悲しさのあまり号泣してしまったことを覚えています。二人が残り少ない時間の中で、困難を乗り越えていこうとする場面や、恋人として楽しそうに寄り添う姿がとても印象的でした。私にも恋人がいますが、自分達がもし同じ立場だったら…と考えると、とても悲しくなり涙が溢れてきました。

ぜひ多くの方に見ていただきたいです。恋人や大切な人が病気で、余命を伝えられたとき、自分に何ができるのかという答えを見つけさせてくれるような映画だと思います。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

いま、会いにゆきます 動画 フル [映画 邦画 おすすめ]

2004年に映画化された「今、会いにゆきます」。

普段あまり映画やドラマを見ない私ですが、この映画はもう数十回くらい見直しました!「死んだはずの母が雨の季節と共に還ってくる」というファンタジーものなのですが、内容はもとより、主演の竹内結子さんの演技がもう素晴らしすぎるのです…!(涙)

自分がこの世にはもういられない存在だと知ってしまった後からの表情の違いとか、切ないながらも残された家族に自分のできる事を託す姿とか、涙なしでは語れないとはまさにこの映画のことです。映画の後半に流れる、学生時代からの回想のシーンもとっても素敵で、こうやって繋がっていたんだ…。それでもこの人を選んだんだ…と二度涙。悲しいのに心があったかくなるお話しです。書いていたらまた見たくなってしまいました。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | 次の10件 映画 邦画 おすすめ ブログトップ